AI開発に関する推奨図書


AIを使用して株や為替などを分析したい方」は、上記の本がお勧めです。

プログラミングの知識が全くない方は、
「みんなのPython」か「入門 Python3」を辞書的に見ながら、
「ゼロから作るDeep Learning」を読んだ後に、
「詳解ディープラーニング」か「PythonとKerasによるディープラーニング」を読めば、
ディープラーニングを用いた分析モデルを作れるようになると思います。

Pythonについて多少の知見がある方は、
「ゼロから作るDeep Learning」を読んだ後、
「詳解ディープラーニング」か「PythonとKerasによるディープラーニング」でOKです。

Pythonが多少できて、数学が苦手ではない方は、
いきなり「詳解ディープラーニング」か「PythonとKerasによるディープラーニング」を読んでも大丈夫だと思います。

これらのプロセスの後に、試行錯誤して結果が出るモデルを作成することが重要です。
技術的な側面では「Kaggleで勝つデータ分析の技術」が役に立ちます。是非ディープラーニングのマスターになって下さい。

ちなみにディープラーニングを家で始める方は、例えば以下のリンクようなスペックのPCがお勧めです。
GPU:RX2070以上
CPU:i7以上
メモリ:16G以上

どうせ買うならケチらずにハイスペックPCを買って、AI開発やITスキルを高めざるを得ない環境にしましょう。
ITスキルさえあれば企業で重宝されます。

そもそもメガバンクなどの大きな企業でさえ、10年後はどうなっているか不明な中、ITスキルを高めておくことが最も安心だと自分は考えています。
ITスキル×自分の専門領域で、付加価値が一気に高まります。自分の価値を高めることが、企業内での評価アップや、転職時の年収アップに繋がることが多いです。自分の場合は、金融工学×ITスキルで付加価値が高まりました。

また、これからは副業を解禁する企業もどんどん増えていきますし、ITスキルさえあれば案件はいくらでもあるでしょう。
平均寿命が伸びる中で、高齢になっても継続的に収益を得やすいのはIT関係の仕事だと思います。